ひのしずく イチゴ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • ひのしずく

    ひのしずく

  • ひのしずく

    ひのしずく

  • ひのしずく

    ひのしずく

  • ひのしずく

    ひのしずく

基礎データ DATA

  • 親の組み合わせ:「98-30」×「98-20-3」
  • 品種登録年:2006年(平成18年)
  • おもな産地:熊本県

ひのしずくの特徴

ひのしずく

熊本県生まれの「ひのしずく」は、2006年(平成18年)に登録された品種です。サイズが大きくて甘く、酸味は少なめ。果肉はほどよいかたさで果汁が多く、香気があり口当たりのよいイチゴです。

親の掛け合わせは「98-30」×「98-20-3」。「98-30」の親は「さちのか」×「栃の峰」で、「98-20-3」は「久留米54号」×「栃の峰」の交配種です。ちなみに「栃の峰」は「とちおとめ」の父親(花粉親)でもあります。また「久留米54号」は2004年(平成16年)に「いちご中間母本農1号」の名で品種登録されていて、サイズが大きく糖度が高いそうです。

ひのしずくの見分け方(選び方)

ひのしずく

ひのしずくは大きくて鮮やかな赤色をしているのが特徴です。果皮の着色が少ないものや、赤が濃くなりすぎて黒っぽくなっているものは避けたほうが無難です。また果皮に光沢があるのも特徴なので、なるべくツヤのあるものを選びましょう。

ひのしずくの保存方法

冷蔵庫の野菜室で保存します。暖房のきいた室内に置いておくと鮮度の低下が早まるので注意してください。また果実同士が押し合うことでも傷むので、パックの中で押されたものがないか確認しましょう。

ひのしずくの食べ方

ひのしずく

ひのしずくは香りがよく酸味がやや少なめなので、そのまま食べるとみずみずしい食感を堪能できます。果汁も豊富なのでイチゴミルクにも最適です。ケーキやタルトなどに使用するとまろやかな味が楽しめます。

公募により命名

ひのしずくという名前は全国の公募によって付けられたもので、品種名は「熊研い548」です。「ひ」は熊本の「肥後」のことで、「しずく」は熊本のきれいな水、いちごのみずみずしさをイメージしたものだそうです。

ひのしずくの旬(出回り時期)

12月頃から店頭に並びます。最盛期は2月から3月頃で、4月中旬頃まで出回ります。

関連リンク 果物ブログ

ひのしずく

2月中旬頃に最盛期を迎えるという熊本産ひのしずくを食べました。今回食べたものは、酸味がほとんどなく、甘みが……続きを読む

果物狩り

いちご狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。いちご狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

ひのしずくの写真

果物写真

現在ひのしずくの写真を14枚掲載中です