加納岩白桃 モモ(桃)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 加納岩白桃

    加納岩白桃

  • 加納岩白桃

    加納岩白桃

  • 加納岩白桃

    加納岩白桃

基礎データ DATA

加納岩白桃の特徴

加納岩白桃

「加納岩白桃(かのういわはくとう)」は、「浅間白桃」の枝変わりとして山梨県で発見された桃です。品種登録されたのは1983年(昭和58年)。加納岩農業協同組合によって登録が行われました。収穫期は浅間白桃に比べて10日ほど早く、7月上旬から中旬頃となっています。

果実のサイズは250g程度と大きく、果肉は溶質でなめらかな食感。果皮の色は濃いほうではありませんが、太陽にあたる部分が赤く染まります。繊維が少なめで果汁を豊富に含み、酸味が少なくて甘い桃です。

加納岩白桃の見分け方(選び方)

加納岩白桃

全体的に色づきがよく、果実の割れ目の線(縫合線)を中心に見たときに、左右のバランスが取れていて、溝が浅いものを選びます。また、全体的にふっくらとしていて、うぶ毛が密に生えているものがおすすめです。

加納岩白桃の保存方法

新聞紙などで包んで日の当たらない涼しい場所で保存します。扇風機やエアコンの風が直接当たると、乾燥して鮮度の低下を早めるので注意が必要です。

やわらかくなったものはさらにポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。できるだけ早く消費します。

また、量が多くて食べきれない場合は、冷凍保存するとよいでしょう。水洗いして水分をしっかりふき取ってから、ラップに包んで冷凍庫へ。半解凍で食べるとシャーベット感覚で味わえます。

加納岩白桃の食べ方

加納岩白桃

そのまま皮をむいて食べるほか、ジャムやコンポートなどに加工してもおいしく食べられます。

ほどよく熟していれば、皮は手で簡単にむけることもあります。気にならなければ、うぶ毛を洗い落として皮ごと食べてもOK。また、丸ごと冷凍保存したものは、流水をかけると皮がするっとむけます。

加納岩白桃の旬(出回り時期)

加納岩白桃が多く出回るのは7月上旬から中旬頃です。

加納岩白桃の主な産地

出典:農林水産省統計

加納岩白桃の作付面積のトップは山梨県です。作付面積は約126ヘクタールで、70%以上の割合を占めています。2位は約16ヘクタールの岡山県。3位は約8ヘクタールの香川県です。

果物狩り

桃狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。桃狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

加納岩白桃の写真

果物写真

現在加納岩白桃の写真を16枚掲載中です