ゆめのか イチゴ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • ゆめのか

    ゆめのか

  • ゆめのか

    ゆめのか

  • ゆめのか

    ゆめのか

  • ゆめのか

    ゆめのか

  • ゆめのか

    ゆめのか

  • ゆめのか

    ゆめのか

基礎データ DATA

  • 親の組み合わせ:「久留米55号」×「系531」
  • 品種登録年:2007年(平成19年)
  • おもな産地:愛知県

ゆめのかの特徴

ゆめのか

「ゆめのか」は、「久留米55号」と「系531」を交配して誕生した愛知県のオリジナル品種です。2007年(平成19年)に品種登録されました。愛知県では「ゆめのか」ができるまで「とちおとめ」や「章姫」が主力品種でしたが、「とちおとめ」よりも多く収穫でき、「章姫」よりも輸送性の高いイチゴを目指し、1999年(平成11年)より育成が行われました。

円錐形で大きめの果実は少しかためで多汁。甘味と酸味がほどよく調和し、風味のよい甘酸っぱさが楽しめるイチゴです。「ゆめのか」という名前は、「みんなの夢が叶うおいしいイチゴ」という意味が込められているそうです。

親である「久留米55号」は、九州沖縄農業研究センターが育成したイチゴで、収量が多いのが特徴。「系531」は「女峰×ピーストロ」と「アイストロ」を交配したもので、果皮がしっかりしているとのことです。ちなみに「ピーストロ」と「アイストロ」は愛知県生まれのイチゴで、「ピーストロ」は「女峰」や「麗紅」、「アイストロ」は「あかねっ娘」や「アイベリー」「とよのか」などの系統です。

ゆめのかの見分け方(選び方)

ゆめのか

ゆめのかは果皮が鮮やかな赤色になるのが特徴なので、全体がきれいに色づいているものがおすすめ。着色の少ないものや、濃すぎてツヤがなくなっているものは避けたほうがよいでしょう。

ゆめのかの保存方法

購入したらポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。ゆめのかは日持ちがよいほうですが、2~3日中に食べてしまいましょう。なるべくその日の内に食べるのがベストです。

ゆめのかの食べ方

ゆめのか

水洗いしてそのまま食べてもおいしいですが、ほどよい酸味があるので、スムージーやケーキ、ジャム、ピューレなどに利用してもよいでしょう。

ゆめのかの旬(出回り時期)

ゆめのかの主産地は愛知県で、12月頃から店頭に並びます。最盛期は2月から4月頃で5月頃まで出荷されます。

関連リンク 果物ブログ  1

ゆめのか

これは長崎県産の「ゆめのか」いちごです。ゆめのかは2007年(平成19年)に品種登録され、今では定番品種の……続きを読む

関連リンク 果物ブログ  2

ゆめのか

少し前になりますが、「ゆめのか」を見つけたので初チャレンジしてみました。ゆめのかは平成16年に愛知県で誕生……続きを読む

果物狩り

いちご狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。いちご狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

ゆめのかの写真

果物写真

現在ゆめのかの写真を26枚掲載中です