サマービュート スモモ(プラム)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • サマービュート

    サマービュート

基礎データ DATA

サマービュートの特徴

サマービュート

「サマービュート」は山梨県で誕生した品種です。山梨県果樹試験場にて「ソルダム」と「ブラックビュート」を交雑して育成され、2005年(平成17年)に品種登録されました。

果実は円形で、平均果重が170gほどと大玉なのが特徴。果皮は紅色で、淡い黄色の果肉はややかたくて緻密です。糖度が高く酸味もほどよく含まれていて、完熟すると濃厚な味になります。

7月下旬頃から出回りはじめ、8月中旬くらいまでがシーズン。ちなみにサマービュートに似た名前の品種に「サマーエンジェル」がありますが、こちらも山梨県生まれのすももです。サマービュートと同時に品種登録されていて、出荷シーズンもほぼ同時期となっています。

サマービュートの見分け方(選び方)

サマービュートは熟すと果皮が赤くなるので、なるべく全体が紅色に着色したものがおすすめです。皮に傷みがなく、張りが感じられ、しっかりと重みを感じるものがよいでしょう。

すももは、皮の表面にブルーム(白い粉)がついていることが多く、サマービュートも比較的目立ちます。ブルームは果実自体が水分保持などのために出すもので、鮮度のよいものには多く見られます。

サマービュートの保存方法

かたさがあるものは追熟が必要です。新聞紙などで包んでポリ袋に入れ、常温で保存します。甘い香りが漂ってきたり、やわらかさを感じたら、冷蔵庫の野菜室で冷やして早めに食べましょう。

熟したものをすぐに食べ切れない場合は、冷凍保存もできます。くし形にカットして冷凍しておけばシャーベットやスムージーなどに利用できます。

サマービュートの食べ方

サマービュート

サマービュートは甘味の強い品種なので、生でそのまま食べましょう。ただ、皮は比較的酸味が強い傾向にあるので、少し味見をして皮付近の酸味が強いようなら、むいたほうがよいかもしれません。

カットして食べる場合は、縦に包丁でぐるりと切れ目を入れて、両手で左右をねじるようにして2つに分けてから切ります。このときに果実を強く握るとつぶれてしまうので注意してください。

サマービュートの旬(出回り時期)

サマービュートが多く出荷される時期は7月下旬から8月中旬頃です。

サマービュートの主な産地

出典:農林水産省統計

サマービュートの作付面積のトップは山梨県です。作付面積は約15.8ヘクタールで、9割以上が山梨県で栽培されています。2位は約1.1ヘクタールの山形県。サマービュートの作付面積に関しては、この2つの地域だけが公表されています。

関連リンク 果物ブログ

サマービュート

山梨県果樹試験場が育成したすもも「サマービュート」を食べました。今回食べたサマービュートは、驚くほど甘くて……続きを読む

果物狩り

スモモ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。スモモ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

サマービュートの写真

果物写真

現在サマービュートの写真を4枚掲載中です