富有(ふゆう) カキ(柿)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 富有

    富有

  • 富有

    富有

  • 富有

    富有

  • 富有

    富有

  • 富有(幼果)

    富有(幼果)

基礎データ DATA

富有の特徴

富有 富有(幼果)

「富有(ふゆう)」は岐阜県で誕生した完全甘柿で、甘柿の代表的な品種として知られています。重さ230~280gくらいの丸みのある形をしていて、果皮はツヤのある橙紅色。甘味が強くてやわらかく、食感はサクサクとしているのが特徴です。

富有は「居倉御所(いくらごしょ)」と呼ばれていた柿が起源になります。居倉御所は、江戸時代末期に岐阜県の居倉村の小倉家によって栽培されていた柿で、食味がとても優れていたそうです。その柿の枝を1884年(明治17年)に福島才治という人物が接ぎ木して育て、のちに富有と命名。品評会などで高い評価を受け全国に広まりました。

富有が出回るのは11月から12月上旬頃。奈良県のほか岐阜県や福岡県、和歌山県など各地で栽培されています。

富有の見分け方(選び方)

富有

柿の果実とヘタがくっついていて、隙間のないものを選びましょう。隙間があると傷みやすくなります。

また、果実には張りとツヤがあり、同じ大きさなら手に持ったときにより重みのあるものを選ぶとよいでしょう。

富有の保存方法

富有は常温で保存すると2日前後でやわらかくなります。かたい食感が好みだったり、なるべく日持ちさせたい場合は、乾燥しないようにポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。やわらかくなっているものは冷蔵保存して早めに食べ切りましょう。保存時はヘタを下にして置いておきます。

富有の食べ方

富有

柿は種の周辺とお尻の部分が甘味が強いので、縦にくし形切りにして食べると甘味をバランスよく味わうことができます。果肉がやわらかくなりすぎたものは、凍らせてシャーベットのようにして食べてもよいでしょう。

また少しかためのものは料理に使うのもおすすめです。千切りにして大根と柿のなますにしたり、ほうれん草やにんじん、しいたけなどと一緒に白和えにしてもおいしく食べられます。柿に自然の甘味があるので、和え物に使う砂糖の量を減らせるのもポイントです。

そのほか、トマトやレタス、水菜などと一緒にサラダにすると食感や彩りが楽しめます。ドレッシングは塩こしょうやレモン風味などシンプルなものがよいでしょう。

富有の旬(出回り時期)

富有の旬は10月頃から2月頃まで。11月頃が出荷の最盛期です。

参考:東京都中央卸売市場

富有の主な産地

出典:農林水産省統計

富有の作付面積のトップは奈良県です。作付面積は約882ヘクタールで、全体の約23%を占めています。2位は約576ヘクタールの岐阜県。3位は約566ヘクタールの福岡県です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

この統計データは年代が古いのでご注意ください。

果物狩り

カキ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。カキ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

富有(ふゆう)の写真

果物写真

現在富有(ふゆう)の写真を21枚掲載中です