きおう(黄王) リンゴ(林檎)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • きおう

    きおう

  • きおう

    きおう

  • きおう

    きおう

基礎データ DATA

きおうの特徴

きおう

「きおう」は9月上旬頃から店頭に並ぶ早生種で、交配親は「王林」×「千秋」。岩手県園芸試験場で育成され、1994年(平成6年)に品種登録されています。

登録時は親の組み合わせが「王林」×「はつあき」となっていましたが、のちに行われた遺伝子解析により、花粉親ははつあきではなく千秋であることがわかったそうです。

果皮は黄色くて、重さは300~400g程度。表面の一部が薄い赤色に染まることもあり、シーズン初めは果皮が黄緑色のものもあります。

果肉はほどよいかたさで緻密、甘味の中にさわやかな酸味があり、果汁が豊富で歯触りのよいりんごです。また香りがとてもよく、風味豊かな味が楽しめます。

ちなみに、きおうという名前は「黄色いりんごの王様」という意味を込めて名付けられたそうです。そのため「黄王」と表記されることもあります。

きおうの見分け方(選び方)

きおう

きおうは果皮が黄色のりんごなので、全体が明るい黄色のものがおすすめです。シーズン序盤は少し黄緑がかったものもありますが、黄色いほうが酸味が少ないようです。

きおうは表面の果点(表面の点々)が目立つものもありますが、外観はあまり気にしなくてよいでしょう。果皮に張りがあるか、持ったときに重量感があるかもチェックしましょう。

きおうの保存方法

新聞紙などで包んでポリ袋に入れて、冷蔵庫か低い冷暗所で保存し、乾燥しないよう気をつけてください。きおうはあまり日持ちがよいほうではないので、なるべく早く食べるようにしましょう。

きおうは成長を促すエチレンの量がやや多めです。そのため冷蔵庫に入れる場合は、ラップで包むかポリ袋に入れ、ほかの野菜に影響が出ないよう注意が必要です。

また、たくさん購入した場合は、1玉ずつ新聞紙で包むとよいでしょう。こうすればお互いのエチレンによる鮮度低下を抑えられます。

きおうの食べ方

きおう

黄色いりんごも皮の部分にポリフェノールや食物繊維が含まれているので、なるべく皮ごと食べるようにするとよいでしょう。スライスしてサラダに入れるのもおすすめです。

古くなってしまったものはスムージーやジャム、コンポートなどにして楽しめます。コンポートは冷やしてデザートにするほか、アップルパイやタルトなどにも利用できます。ジャムは長期保存ができ、トーストやヨーグルトに便利です。

きおうの旬(出回り時期)

きおうが出回るのは9月上旬頃からと早く、10月下旬頃までが盛りです。

きおうの主な産地

出典:農林水産省統計

きおうの作付面積のトップは青森県です。作付面積は約167ヘクタールで、60%以上の割合を占めています。2位は約105ヘクタールの岩手県。全体の約38%でこちらも40%以上を占めています。3位は約2ヘクタールの北海道です。

果物狩り

リンゴ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。リンゴ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

きおう(黄王)の写真

果物写真

現在きおう(黄王)の写真を12枚掲載中です