晩白柚(ばんぺいゆ) カンキツ類

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 晩白柚

    晩白柚

  • 晩白柚

    晩白柚

  • 晩白柚

    晩白柚

  • 晩白柚

    晩白柚

  • 晩白柚(花)

    晩白柚(花)

  • 晩白柚(落花後)

    晩白柚(落花後)

  • 晩白柚(幼果)

    晩白柚(幼果)

  • 晩白柚(未熟)

    晩白柚(未熟)

  • 晩白柚(葉)

    晩白柚(葉)

基礎データ DATA

晩白柚の特徴

晩白柚 晩白柚(未熟)

「晩白柚(ばんぺいゆ)」はマレーシア原産のブンタンで、2kgにもなる大きなサイズが特徴です。1920年(大正9年)にベトナムから台湾総督府に導入され、その後日本へもたらされました。

果肉はプリプリとしていて、1房が大きいので食べ応えがあります。甘みの中に上品な酸味があり、さわやかな風味。多汁で食味がよく、苦味はほとんどありません。香りもよく、丸ごとの状態で部屋に置いておくと、さわやかな香りが楽しめます。

台湾では果肉が白い文旦を「白柚」と呼び、晩白柚は2~4月に出荷される晩生(おくて)種なのでこの名が付けられたとのこと。別名「オクテシロザボン」ともいわれます。

晩白柚の見分け方(選び方)

皮に張りがあって、同じ大きさならずっしりと重みを感じるものがおすすめ。また全体がきれいな黄色に染まり、香りのよいものを選びましょう

晩白柚の保存方法

直射日光や暖房を避け、風通しのよい涼しい冷暗所で保存します。晩白柚は日持ちがよく、1か月くらい持ちます。ただし、収穫してから時間が経ちすぎると水分が減ってしまうので、香りを楽しんだら適当な頃合いに食べましょう。

晩白柚の食べ方

手ではむきにくいです 袋(薄皮)をむいて食べます

皮が分厚いのでナイフで切り込みを入れてからむきましょう。じょうのう膜(薄皮)も厚いので、袋をむいて果肉を取り出して食べます。果肉がしっかりしていて皮離れがよいので、手が果汁でベタベタになることはありません。皮をむいて食べきれなかった分は、ラップで包んで冷蔵保存し、早めに食べましょう。

ジャム(マーマレード)やゼリー、ケーキなどに利用してもよいでしょう。また、白いワタ(アルベド)の部分は「砂糖漬け」に適しています。

ナイフで切り込みを入れてむくと楽です

晩白柚の旬(出回り時期)

晩白柚の出回り時期は2月から4月頃。そのほとんどが熊本県産です。

各地の年間収穫量 晩白柚

出典:農林水産省統計

晩白柚はおもに熊本県、鹿児島県、大分県で栽培されています。熊本県の収穫量は約966トンで、晩白柚収穫量のほとんどを占めています。鹿児島県の収穫量は約28トンで、全体の約3%程度です。大分県の収穫量は約8トンです。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

2014年の晩白柚(ばんぺいゆ)の栽培面積は約82ヘクタール。収穫量は約1,002トンで、出荷量は約939トンです。

関連リンク 果物ブログ  1

晩白柚

久しぶりに「晩白柚(ばんぺいゆ)」を食べました。この晩白柚は、重さが約1.5kg、可食部(じょうのう含む)……続きを読む

関連リンク 果物ブログ  2

晩白柚

熊本の特産「晩白柚」が旬です。今回食べた晩白柚は重さが約1.8kgあり、果肉だけでも約1kgとなかなかの大……続きを読む

果物狩り

柑橘狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。柑橘狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

晩白柚(ばんぺいゆ)の写真

果物写真

現在晩白柚(ばんぺいゆ)の写真を22枚掲載中です