ボゴール(スナックパイン) パイナップル

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • ボゴール

    ボゴール

  • ボゴール

    ボゴール

  • ボゴール

    ボゴール

  • ボゴール

    ボゴール

  • ボゴール(未熟)

    ボゴール(未熟)

基礎データ DATA

ボゴール(スナックパイン)の特徴

ボゴール 葉のフチの部分がギザギザしている

「ボゴールパイン」は台湾原産の「ボゴール種」のパイナップルで「スナックパイン」とも呼ばれます。沖縄県の特産として人気が高く、ひと節ずつ手でちぎって食べられるのが大きな特徴。スナック感覚で手軽に楽しめることからこの名前で呼ばれています。

ボゴール(スナックパイン)は甘味が強くて酸味はおだやか。果汁が豊富で香りもよく、食味に優れています。サイズは700g~1kgくらいで、普通のパイナップルに比べると小ぶりですが、芯の部分もやわらかく可食部が多いのがポイントです。

また、ボゴールパインは葉のフチの部分がギザギザしているのも特徴です。このギザギザは意外に鋭いので、取り扱う際には衣服に引っかけたり手を傷つけないよう十分注意しましょう。

ボゴール(スナックパイン)の見分け方(選び方)

ボゴール

葉が枯れておらず、形が少し下ぶくれ気味で、持ったときに重量感のあるものがおすすめです。また熟していると甘い香りが漂うので、香りをチェックしてみてください。

全体が黄色いほうが甘そうに思えますが、緑色のものでも完熟していれば十分甘いので、あまり色にはこだわらなくてもよいでしょう。ただ、全体が濃い黄色でやわらかくなっているものは、熟し過ぎて食味が落ちている場合があります。

ボゴール(スナックパイン)の保存方法

パイナップルはマンゴーのように収穫後に追熟させる必要はなく、熟した状態で店頭に並んでいます。新聞紙で包んで冷蔵庫の野菜室などで保存して早めに食べましょう。カットしたものはラップに包んで冷蔵保存します。

量が多い場合は、ひと口サイズにカットして冷凍しておくと長期保存できます。冷凍したものを少し溶けた状態で食べると、パイナップルシャーベットが楽しめます。ジュースやスムージーに利用するのもおすすめです。

ボゴール(スナックパイン)の食べ方

ボゴール

ボゴール(スナックパイン)の食べ方は、まず葉とお尻の部分を切り落とします。あとはひと節ずつ手でちぎって食べていけばOKです。パイナップルはお尻のほうが糖度が高いので、葉が付いていた上部から食べていくと、最後まで強い甘味を楽しめます。縦半分または1/4にカットしてから食べてもよいでしょう。

ちぎって食べいくと芯の部分が残りますが、芯も基本的にやわらかく食べることが可能なので、芯もカットして食べてみてください。

もちろん、一般的なパイナップルのように切り分けて、お皿に盛ってからフォークで食べてもかまいません。その場合の切り方はこちらを参照してください。

パイナップルの食べ方

ボゴール(スナックパイン)の旬(出回り時期)

沖縄県産のボゴールパイン(スナックパイン)は4月下旬頃から8月頃に出回ります。

ボゴール(スナックパイン)の主な産地

出典:農林水産省統計

ボゴール(スナックパイン)は沖縄県だけで栽培が行われています。作付面積は約118ヘクタールです。

関連リンク 果物ブログ  1

スナックパイン(ボゴール)

沖縄県産の「スナックパイン(ボゴール)」を食べました。スナックパインは手でちぎって食べられるのが大きな特徴……続きを読む

関連リンク 果物ブログ  2

スナックパイン(ボゴールパイン)

手でちぎって食べられるパイナップル「スナックパイン」を購入しました。昨年食べたときはまだ完熟していなかった……続きを読む

果物狩り

5月の果物狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。5月に果物狩りが楽しめる農園はこちら。

果物写真

ボゴール(スナックパイン)の写真

果物写真

現在ボゴール(スナックパイン)の写真を18枚掲載中です