安芸クイーン ブドウ(葡萄)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 安芸クイーン

    安芸クイーン

  • 安芸クイーン

    安芸クイーン

  • 安芸クイーン

    安芸クイーン

基礎データ DATA

安芸クイーンの特徴

「安芸(あき)クイーン」は、両親が巨峰で、自家受粉した巨峰の実生から育成されました。農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所で誕生し、1993年(平成5年)に品種登録されています。

果皮は鮮紅色で果肉は適度にしまり、果汁が豊富。甘みが強く、酸味は控えめで香りがよい赤系ぶどうです。粒のサイズは13~15gと巨峰と同じくらい。房の重さは250~400gくらいになります。食味がよく日持ちもよいのが魅力です。

安芸クイーンの見分け方(選び方)

安芸クイーン

安芸クイーンは鮮やかな紅色なので、房全体が紅色に着色しているものを選びましょう、粒が大きくて果皮に張りがあり、みずみずしさを感じるかどうかも要チェック。軸が青く、果皮に白っぽい粉(ブルーム)が付いているものは新鮮な証拠です。

安芸クイーンの保存方法

乾燥しないようにラップや新聞紙で包むか、ポリ袋に入れるなどしておきます。涼しい冷暗所か冷蔵庫の野菜室で保存し、なるべく早く食べましょう。

長く持たせたい場合は、冷凍も可能です。冷凍する場合は、粒を軸から外し(できれば軸を少し残すようにハサミでカット)保存用袋などに入れて冷凍庫へ。

安芸クイーンの食べ方

安芸クイーンは皮が厚めなので皮をむいて、果肉だけを食べます。皮をむくときは、軸側の穴からではなく、軸とは反対側にナイフで十字に切り込みを入れて、そこからむくと比較的むきやすくなります。

皮をむくのが面倒であれば、果肉を押し出して食べてもOKですが、少し皮離れが悪いこともあります。

安芸クイーンの旬(出回り時期)

安芸クイーンが出回るのは8月下旬頃からです。

安芸クイーンの主な産地

出典:農林水産省統計

安芸クイーンの作付面積のトップは三重県です。作付面積は約12.7ヘクタールで、全体の約18%を占めています。2位は約10ヘクタールの岡山県。3位は約9.8ヘクタールの広島県です。

果物狩り

ブドウ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。ブドウ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

安芸クイーンの写真

果物写真

現在安芸クイーンの写真を7枚掲載中です