紅秀峰 サクランボ(桜桃)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 紅秀峰

    紅秀峰

  • 紅秀峰

    紅秀峰

  • 紅秀峰

    紅秀峰

  • 紅秀峰

    紅秀峰

基礎データ DATA

紅秀峰の特徴

紅秀峰

「紅秀峰(べにしゅうほう)」は山形県の園芸試験場で「佐藤錦」と「天香錦」を交雑して育成したさくらんぼです。1979年(昭和54年)に交雑が行われ、1991年(平成元年)に品種登録されました。

果実のサイズは10g前後で、果皮は鮮やかな紅色。大粒で着色しやすいため見た目に優れ、果肉がしっかりしているので日持ちがよいのも特徴です。

酸味は少なめで糖度が高く、果汁も豊富。甘味が強い品種として知られ、生産量は親の佐藤錦に次いで2位となっています。収穫期は6月下旬から7月中旬頃。佐藤錦のシーズン後半頃に紅秀峰が旬を迎えます。

紅秀峰の見分け方(選び方)

紅秀峰

果皮がつやつやとして張りのあるものを選びます。色づきのよい品種なので、なるべく果実全体がきれいな紅色のものがよいでしょう。また、軸が緑色かどうかも要チェック。軸が茶色くなったものは鮮度が落ちています。

紅秀峰の保存方法

乾燥しないようポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。キッチンペーパーで包んでからポリ袋に入れるとより乾燥を防止できます。紅秀峰は比較的日持ちするタイプですが、なるべく鮮度のよいうちに食べきりましょう。

量が多くて食べきれない場合は、ジャムにしたり冷凍するという方法もあります。冷凍する場合は水洗い後にしっかり水分をふき取り、ラップで包んで保存用袋に入れて冷凍庫へ。半解凍で食べるとシャーベットとして味わえます。

紅秀峰の食べ方

紅秀峰

常温でもおいしいですが、食べる1時間ほど前に冷蔵庫で冷やすか、氷水に少し浸してから食べるとよいでしょう。また、砂糖と水で煮てコンポートにすると、生果とは違った味わいが楽しめます。

紅秀峰の旬(出回り時期)

紅秀峰のシーズンは6月下旬から7月中旬頃です。

紅秀峰の主な産地

出典:農林水産省統計

紅秀峰の作付面積のトップは山形県です。作付面積は約427ヘクタールで、80%以上の割合を占めています。2位は約27.9ヘクタールの北海道。3位は約26.1ヘクタールの山梨県です。

果物狩り

サクランボ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。サクランボ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

紅秀峰の写真

果物写真

現在紅秀峰の写真を19枚掲載中です