ライチ(レイシ) 茘枝 Lychee

  • ライチ

    ライチ

  • 玉荷包

    玉荷包

  • 妃子笑

    妃子笑

  • ランブータン

    ランブータン

  • ランブータン

    ランブータン

  • 玉荷包

    玉荷包

  • ライチ(メキシコ産)

    ライチ(メキシコ産)

  • ライチ

    ライチ

  • ライチ(幼果)

    ライチ(幼果)

  • ライチ(幼果)

    ライチ(幼果)

  • ライチ

    ライチ

  • ライチ(葉)

    ライチ(葉)

  • 竜眼(葉)

    竜眼(葉)

基礎データ DATA

ライチの概要

ライチの果実

日本ではレイシよりもライチの名前でおなじみの熱帯の果物で、楊貴妃が愛したフルーツとしても有名です。楊貴妃のライチ好きはかなりのもので、中国南部から長安(いまの西安)までの長い距離を数日かけて馬で運ばせていたというほどです。

なお、このページではライチのほかに「ランブータン」と「竜眼(りゅうがん)」も紹介しています。

ライチの歴史

竜眼の果実

ライチは中国南部では紀元前から栽培されていたようで、日本には、1720年頃に伊豆大島へ、そして江戸時代の終わりに鹿児島県にもたらされたといわれています。

現在の主産地は中国や台湾、インドなどですが、タイやベトナム、メキシコ、ハワイ、沖縄県など世界の熱帯、亜熱帯にかけて栽培されています。

※右上の写真は竜眼です

ライチの見分け方(選び方)

見分け方

果皮がしっかりしていて、黒ずみのないものを選びましょう。また、手でさわったときにうろこ状の表皮のとげが鋭いほど新鮮です。

ライチの保存方法

生のライチはあまり日持ちせず、4~5日で味が落ちるのでなるべく早く食べましょう。保存はポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。枝付きの場合は果実を取らず、そのまま保存したほうがベターです。

輸入の冷凍ライチは、冷凍庫に保存し賞味期限内に自然解凍して食べきりましょう。

コラムのページでライチ、竜眼、ランブータンの食べ方をイラストで紹介しています。

ライチの栄養と効能

おもな栄養成分(可食部100g中)

ライチ:葉酸(100mcg)、ビタミンC(36mg)、カリウム(170mg)

期待される効能

風邪予防、美肌効果、がん予防貧血予防便秘改善高血圧予防動脈硬化予防脳梗塞予防心筋梗塞予防

ライチには葉酸が多く含まれているので貧血予防に効果が期待できます。また妊娠初期において葉酸が不足すると「神経管閉鎖障害」のリスクが高くなるといわれているので、妊娠を計画している人にも効果的です。

ビタミンCやカリウムも適度に含まれていて風邪や高血圧などの予防にも期待できるでしょう。

より詳細な栄養成分については、「栄養成分(グラフ)」もしくは「栄養成分(一覧表)」に掲載しています。

ライチの種類

ライチ

ライチ

直径は3~4cmくらいで、熟すと果皮が緑色から赤色になります。乳白色で弾力がある果肉は、甘味とほどよい酸味があり、香りも豊か。果肉の中には大きめの種が1つ入っていて、果皮は簡単に手でむくことが可能です。品種としては「妃子笑」や「黒葉」、熟しても果皮が緑色の「玉荷包」などがあります。

ランブータン

ランブータン

ランブータンはムクロジ科ランブータン属の果実です。果皮が鮮やかな赤色で果実のサイズは3~5cmくらい。果皮にはやわらかい毛がたくさん生えています。果肉は乳白色でプルッとしていて甘く果汁も豊富。日本ではあまり見かけることはありませんが、東南アジア諸国ではとてもポピュラーな果物です。

竜眼(りゅうがん)

竜眼(りゅうがん)

竜眼はムクロジ科リュウガン属の果実で「ロンガン」とも呼ばれます。果実の直径は1.5~3cmと小さく果皮は黄土色。果肉はライチのような乳白色で中に大きめの種が1つ入っていて、果汁が多く、ほどよい甘味があります。東南アジア諸国や中国南部、沖縄県などで栽培されています。

各地の年間収穫量 ライチ

円グラフと下表の割合(%)が違うときは?

上の円グラフの割合(%)と下の表の割合(%)の数値が違うことがありますが、その場合は下表のほうが正しい数値です。

下の表は出典である農林水産省のデータに記されている「全国の合計値」から割合を計算したものです。

上の円グラフも農林水産省のデータですが、こちらは全国ではなく主要生産地のみのデータなので、値が公表されていない都道府県は含まれていません。

また、ページ上部の「基礎データ」にある「おもな産地」の数値は、下表の割合(シェア)を四捨五入したものです。

出典:農林水産省統計

ライチはおもに鹿児島県、宮崎県、沖縄県で栽培されています。鹿児島県の収穫量は約8トンで、全体の60%以上を占めています。宮崎県の収穫量は約4トンで、全体の20%以上を占めています。沖縄県の収穫量は約2トンです。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

2014年のライチの栽培面積は約11ヘクタール。収穫量は約13トンで、出荷量は約13トンです。

ライチの輸入先と輸入量

出典:財務省統計

ライチは4か国から輸入されています。輸入先トップは中国で輸入量は約136トン、全体の50%近くを占めています。2位は台湾の約125トンで全体の40%以上を占めています。3位はメキシコの約21トン。4位は約673キロのアメリカと続きます。

年別輸出入量

出典:財務省統計

ライチは海外から輸入されています。2016年の輸入量は約282トンで輸入額は約2億1,210万円です。輸入量は前年と比べると46.7トン(約14%)減少しています。

果物狩り

7月の果物狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。7月に果物狩りが楽しめる農園はこちら。

果物写真

ライチの写真

果物写真

ライチの写真はこちらのページでも見られます。現在ライチの写真を70枚掲載中です

果物コラム

果物コラム

ライチなど、いろいろな果物に関するコラムです。果物コラムのトップページはこちら