さくらんぼ 桜桃 Cherry

  • 佐藤錦

    佐藤錦

  • 高砂

    高砂

  • アメリカンチェリー

    アメリカンチェリー

  • 水門(北光)

    水門(北光)

  • 正光錦

    正光錦

  • 大桜夏

    大桜夏

  • ナポレオン

    ナポレオン

  • 南陽

    南陽

  • 八興錦

    八興錦

  • 花笠錦

    花笠錦

  • フランスワン

    フランスワン

  • 紅さやか

    紅さやか

  • 紅秀峰

    紅秀峰

  • 紅真珠

    紅真珠

  • 紅てまり

    紅てまり

  • 紅夢鷹

    紅夢鷹

  • 山形美人

    山形美人

  • スイートハート

    スイートハート

  • ジャンボ錦

    ジャンボ錦

  • レーニア

    レーニア

  • おばこ錦

    おばこ錦

  • 月山錦

    月山錦

  • 香夏錦

    香夏錦

  • 紅福

    紅福

  • さおり

    さおり

  • サクランボ

    サクランボ

  • 南陽

    南陽

  • 紅真珠

    紅真珠

  • 紅さやか

    紅さやか

  • サクランボ(花)

    サクランボ(花)

  • サクランボ(落花後)

    サクランボ(落花後)

  • サクランボ(落花後)

    サクランボ(落花後)

  • サクランボ(落花後)

    サクランボ(落花後)

  • サクランボ(未熟)

    サクランボ(未熟)

  • サクランボ

    サクランボ

  • サクランボ

    サクランボ

  • サクランボ(葉)

    サクランボ(葉)

  • 佐藤錦

    佐藤錦

  • サクランボ

    サクランボ

  • サクランボ

    サクランボ

基礎データ DATA

サクランボの旬(出回り時期)

※これはサクランボの出回り量の割合をグラフ化したものです。農林水産省統計 年間卸売総量(2015年)を参考にしています

サクランボの概要

サクランボの果実 サクランボの木

サクランボという名称は、もともと桜の実を指す「桜ん坊」からきたといわれています。正式には「桜桃(おうとう)」といいますが、今ではサクランボの呼び名が一般的なので、当サイトでは「サクランボ」で紹介していきます。

サクランボの果樹にはいくつかの種類があり、食用として代表的なのは、甘味のある「セイヨウミザクラ(西洋実桜)」と、酸味の強い「スミミザクラ(酸実実桜)」、そして中国原産の「シナミザクラ」です。お店に並んでいるのはほぼセイヨウミザクラで、スミミザクラとシナミザクラは日本ではあまり栽培されていません。

また日本で流通しているサクランボには国産のものとアメリカ産がありますが、甘味はアメリカ産のほうが強く、国産のほうがさわやかな甘酸っぱさを持っています。どちらも美味ですが、やっぱり日本では上品で繊細な味の日本産サクランボのほうが人気が高いようです。

サクランボの歴史

サクランボの花 サクランボの木

サクランボは有史以前からヨーロッパ各地で自生していて、栽培も紀元前300年頃にはすでに行われていたようです。

日本では平安時代の書物「本草和名」に「桜桃」(和名 かにはさくらのみ)と記述されていますが、これは中国のサクランボ(シナミザクラ)だと考えられています。また「新刊多識編」(1631年)にも「桜桃」(にわさくら)という記述がありますがこちらも同様に中国の桜桃だと考えられています。

現在のようなサクランボが日本で栽培されるようになったのは明治時代初期のことです。アメリカやフランスなどの品種が導入され、それらが北海道や山形県などで定着。現在では山形県をはじめ青森県や山梨県などで栽培されています。

サクランボの見分け方(選び方)

見分け方

粒が大きくて果皮に張りとツヤがあり、色が鮮やかなものを選びましょう。皮が黒っぽくなっていたり褐色の斑点があるものは避けてください。また軸が茶色ではなく青々としているものが新鮮です。

サクランボの保存方法

サクランボがおいしく食べられるのは収穫してから2~3日。購入後は冷蔵庫(野菜室)に入れて、なるべくその日のうちに食べましょう。ただし、長時間冷蔵庫に入れておくと甘味が薄れてしまうので要注意。買ってからすぐに食べたいときは、冷水にさっと通して冷やすとおいしく食べられます。

サクランボの栄養と効能

おもな栄養成分(可食部100g中)

カリウム(国内産:210mg、米国産:260mg)、葉酸(国内産:38mcg、米国産:42mcg)

注目成分

アントシアニン、ソルビトール

期待される効能

高血圧予防動脈硬化予防心筋梗塞予防脳梗塞予防貧血予防、眼精疲労(輸入物)、便秘改善

サクランボはカリウムの含有量が比較的多く、高血圧や動脈硬化の予防に期待できます。また、葉酸が比較的多く貧血予防にも効果的です。

輸入物のサクランボの色素にはポリフェノールの一種「アントシアニン」が含まれ、眼精疲労の軽減に効果があるといわれています。またサクランボに多く含まれる「ソルビトール」は虫歯予防にも使われている天然甘味料で便秘の改善に期待できます。

より詳細な栄養成分については、「栄養成分(グラフ)」もしくは「栄養成分(一覧表)」に掲載しています。

サクランボの種類

佐藤錦

佐藤錦

今やさくらんぼの代名詞ともいえる人気品種。親は「ナポレオン」×「黄玉」で、山形県の佐藤栄助氏によって育成され、1928年(昭和3年)に命名されました。果肉は乳白色で甘味と酸味のバランスがよく、食味に優れています。シーズンは6月中旬~7月初旬。

紅秀峰

紅秀峰

「佐藤錦」と「天香錦」を交配した品種で、1991年(平成3年)に品種登録されました。果皮はきれいな紅色で果肉はクリーム色。酸味が少なく糖度が高いため、食味に優れたさくらんぼとしてシェアを伸ばしています。出回り時期は7月上旬頃から。果実はややかたいので比較的日持ちするほうです。

高砂

高砂

高砂(たかさご)はアメリカ生まれのさくらんぼで、日本へは1872年(明治5年)に伝わりました。果肉は乳白色で果汁が豊富。甘酸が適和していて濃厚な風味です。出荷時期は6月中旬頃から。

ナポレオン

ナポレオン

粒がやや大きめでハート形をしたさくらんぼ。ヨーロッパでは古くから栽培されていた品種で、明治時代初期にアメリカから日本に導入されました。果肉はクリーム色で締まりがあり果汁が豊富。甘味と酸味のバランスがよく濃厚な味わいです。収穫時期は7月上旬頃。

北光(水門)

北光(水門)

明治時代に北海道小樽市で発見された品種。品種名は「北光(ほっこう)」ですが、「水門(すいもん)」の名前で流通していることが多いです。果実の先端がややとがっていて果肉はやわらかめ。甘酸が調和した深みのある味わいが楽しめます。収穫時期は7月上旬頃から。

紅さやか

紅さやか

「佐藤錦」×「セネカ」の交配種で、1991年(平成3年)に品種登録されました。サイズは6g前後で、果皮は朱色から紫黒色、果肉はきれいな赤色です。適度な甘味と酸味があり、6月上旬頃から出回ります。

南陽

南陽

粒が大きめで甘味がしっかりあるさくらんぼ。果肉はややかためで果汁が豊富です。山形県で「ナポレオン」の自然交雑実生から誕生し、1978年(昭和53年)に名称登録されました。主産地の北海道では7月中旬から下旬頃に収穫されます。

香夏錦

香夏錦

親は「佐藤錦」×「高砂」で、1984年(昭和59年)に品種登録されました。果肉はやわらかめで、平均6gくらいの中サイズ。糖度は高めでやさしい酸味があります。6月上旬頃から収穫される早生種です。

正光錦(せいこうにしき)

正光錦(せいこうにしき)

「香夏錦(こうかにしき)」の自然交雑実生を育成した福島県生まれのサクランボ。1987年(昭和62年)に品種登録されています。粒は7~8gほどとやや大きめで、果肉は少しやわらかくてジューシー。酸味はまろやかで甘味の強い品種です。早生種なので6月上旬頃から収穫されます。

紅てまり

紅てまり

「ビック」と「佐藤錦」を掛け合わせて山形県で育成され、2000年(平成12年)に登録された品種です。サイズが約10gと大粒で、果肉は緻密で果汁が豊富。糖度が高くて適度な酸味もあり濃厚な味わいです。また、果実がしっかりとしているので日持ちがよいのも魅力。収穫時期は7月上旬頃からです。

大将錦

大将錦

山形県で発見された偶発実生を育成したもので、1990年(平成2年)に品種登録されました。発見された農園では「ナポレオン」や「高砂」「佐藤錦」などが栽培されていましたが、どの品種が交雑したのかは不明です。果実の外観は短心臓形で粒は10g程度と大きく、果肉はややかため。酸味が少なく甘味の多いサクランボです。晩生種なので7月上旬頃から出回ります。

ジャボレー

ジャボレー

フランス生まれで、1908年(明治41年)頃に日本に導入されました。果肉は赤くてやわらかく、甘さは控えめで酸味があります。収穫の時期は6月上旬頃と早め。

月山錦

月山錦

月山錦(がっさんにしき)は中国生まれの黄色いさくらんぼです。大粒で甘味が強く、酸味はほとんどありません。生産量が少ないため価格は高めですが、食味がよく見た目の珍しさで贈答用としても利用されています。収穫時期は6月下旬~7月中旬頃です。

豊錦(ゆたかにしき)

豊錦(ゆたかにしき)

おもに山梨県で栽培されている早生種。「ジャボレー」、「高砂」、「ナポレオン」などを栽培している農園で偶然発見され、1986年(昭和61年)に登録されました。果肉がやわらかく、甘味の中に酸味が少しあります。収穫時期は6月上旬頃。

アメリカンチェリー

アメリカンチェリー

アメリカで栽培されているサクランボで、粒が大きくて酸味が少なく甘味が強いのが特徴。価格が国内産に比べて手頃なのが魅力です。果皮が黒っぽい濃赤色の「ビング」と、赤色の「レーニア」が代表的な品種で、このほかにも「ブルックス」や「ツラーレ」などの品種があります。

各地の年間収穫量 サクランボ

円グラフと下表の割合(%)が違うときは?

上の円グラフの割合(%)と下の表の割合(%)の数値が違うことがありますが、その場合は下表のほうが正しい数値です。

下の表は出典である農林水産省のデータに記されている「全国の合計値」から割合を計算したものです。

上の円グラフも農林水産省のデータですが、こちらは全国ではなく主要生産地のみのデータなので、値が公表されていない都道府県は含まれていません。

また、ページ上部の「基礎データ」にある「おもな産地」の数値は、下表の割合(シェア)を四捨五入したものです。

出典:農林水産省統計

サクランボはおもに山形県と北海道で栽培されています。山形県の収穫量は約1万3,200トンで、全体の70%以上を占めています。北海道の収穫量は約1,950トンで、全体の約11%程度です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

2015年のサクランボの栽培面積は約4,440ヘクタール。収穫量は約1万8,100トンで、出荷量は約1万6,300トンです。

品種ごとの作付面積

出典:農林水産省統計

2013年のサクランボの作付面積は、1位は佐藤錦で約3,005ヘクタール。佐藤錦だけで全体の60%以上を占めています。2位は紅秀峰で約531ヘクタール。3位は高砂、4位は水門(北光)となっています。

サクランボの輸入先と輸入量

出典:財務省統計

サクランボは4か国から輸入されています。輸入先トップはアメリカで輸入量は約4,562トン、サクランボ輸入量のほとんどを占めています。2位はオーストラリアの約27トンで割合はそれほど多くありません。3位はチリの約16.1トン。4位は約14.1トンのニュージーランドと続きます。

サクランボの輸出先と輸出量

出典:財務省統計

2016年には4か国に輸出され、トップは約304キロのタイです。2位は約240キロのマレーシア、3位は約178キロの台湾と続きます。

年別輸出入量

出典:財務省統計

サクランボは輸入と輸出が行われています。2016年の輸入量は約4,619トンで輸入額は約49億3,715万円。輸入量は前年と比べると305トン(約6%)減少しています。また、輸出量は約734キロで輸出額は約265万円。輸出量は前年と比べると398キロ(約118%)増加しています。

主要生産国(上位5か国)

出典:FAOSTAT(2014年)

サクランボ生産の上位5か国は、トルコ、アメリカ、イラン、スペイン、イタリアです。1位のトルコの生産量は年間約44万5,556トンで全体の約20%を占めています。2位のアメリカは年間約32万9,852トンで全体の約15%、3位のイランは年間約17万2,000トンで全体の約8%です。

果物狩り

サクランボ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。サクランボ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

サクランボの写真

果物写真

サクランボの写真はこちらのページでも見られます。現在サクランボの写真を419枚掲載中です

果物コラム

果物コラム

サクランボなど、いろいろな果物に関するコラムです。果物コラムのトップページはこちら

栄養成分表

マンガンが多い果物

栄養成分表

マンガンが多い果物を表示しています。値は100グラム当たりの含有量。詳しくは栄養成分表のページへ