マルメロ Quince

  • マルメロ

    マルメロ

  • マルメロ

    マルメロ

  • マルメロ

    マルメロ

  • マルメロ

    マルメロ

  • マルメロ

    マルメロ

  • マルメロ(幼果)

    マルメロ(幼果)

基礎データ DATA

マルメロの概要

マルメロ(花) マルメロ(手前)とかりん(奥) マルメロの葉はフチがギザギザしていない

マルメロは秋が旬の果実です。「西洋かりん」とも呼ばれ、見た目がかりんに似ていて、熟すと果皮が明るい黄色になりよい香りが漂います。生食には適しておらず、果実酒やハチミツ漬け、ジャムなどに利用されます。

かりんとの見分け方はうぶ毛(綿毛)の有無です。よく見るとマルメロは果皮に短いうぶ毛がありますが、かりんには生えていません。またマルメロは形が洋梨に似て少しゴツゴツとしていますが、かりんは基本的に楕円形です。

木を見て判断する場合、葉を見ればわかります。かりんの葉はフチに細かいギザギザがありますが、マルメロの葉はギザギザしていません。また花が咲いていれば花の色でも見当がつきます。マルメロの花は白に少し紅色が差す程度ですが、かりんの花は紅色です。

マルメロの産地は長野県や青森県、秋田県など涼しい地域です。なお長野県など一部の地域ではマルメロを「かりん」と呼ぶそうです。かりんに関しては「カリンのページ」で紹介しています。

マルメロの歴史

マルメロ(幼果)

マルメロは中央アジアのイランやトルキスタンあたりが原産地とされています。古くにヨーロッパへ伝わり、古代ローマ時代には栽培されていたそうです。アメリカ大陸発見後は、移民によってアメリカに伝わりました。

日本へは1600年代にポルトガルから長崎に伝来したといわれています。小野嵐山の「本草綱目啓蒙(1803年頃)」では、マルメロの項目で「カリンに似ているものの、香気はカリンよりも少ない」と記されています。文末では「かりんとマルメロを一緒にして売る者が多い」と締めくくられ、一部の人がマルメロとかりんを同じものとして扱っていることがうかがえます。

マルメロという名前はポルトガル語の「Marmelo」から来ています。ちなみに柑橘を使ったジャムを「マーマレード」といいますが、もともとポルトガルのマルメロジャム「Marmalade(マルメラーダ)」が由来とのことです。

マルメロの見分け方(選び方)

見分け方

果皮に張りがあり実がふっくらとして、重みのあるものがよいでしょう。すぐに使用するなら、全体が鮮やかな黄色で果皮にツヤがあり、よい香りのするものがおすすめです。熟すと綿毛は減少します。

果皮が黄緑色のものは未熟なのですぐには利用できません。また、果実に小さな穴が開いていたり、傷がついているものは避けたほうがよいでしょう。

マルメロの保存方法

果皮に緑色が残る未熟な果実は、直射日光の当たらない涼しい場所にしばらく置いて追熟させましょう。その際、新聞紙などで包んだほうが果実の乾燥を防げます。果実の状態によりますが熟すまでしばらくかかることもあります。

果皮全体が黄色く染まれば熟してきた証拠です。熟すほど芳香が強まります。マルメロは比較的日持ちするほうですが、完熟したものはなるべく早く使い切ってください。

マルメロは生食できないため果実酒、ゼリー、ハチミツ漬け、シロップ漬け、ジャムなどにして味わいます。

マルメロの栄養と効能

おもな栄養成分(可食部100g中)

カリウム(160mg)、食物繊維総量(5.1g)

期待される効能

風邪予防高血圧予防動脈硬化予防脳梗塞予防心筋梗塞予防

高血圧の予防によいとされるカリウムや整調作用のある食物繊維などを含みます。ただ、エキスだけを利用する場合、食物繊維の効果はあまり期待できません。また、マルメロはかりんと同様にのどによいとされます。

マルメロの種類

マルメロ

マルメロ

かりんによく似た果実で果皮は黄緑色~黄色。サイズは10cm前後で少しボコッとした形をしています。果肉がかたくザラザラしているので生食には向かず、ジャムやハチミツ漬け、果実酒などに利用します。

各地の年間収穫量 マルメロ

円グラフと下表の割合(%)が違うときは?

上の円グラフの割合(%)と下の表の割合(%)の数値が違うことがありますが、その場合は下表のほうが正しい数値です。

下の表は出典である農林水産省のデータに記されている「全国の合計値」から割合を計算したものです。

上の円グラフも農林水産省のデータですが、こちらは全国ではなく主要生産地のみのデータなので、値が公表されていない都道府県は含まれていません。

また、ページ上部の「基礎データ」にある「おもな産地」の数値は、下表の割合(シェア)を四捨五入したものです。

出典:農林水産省統計

2014年のマルメロの収穫量のうち最も多いのは長野県で、約189トンの収穫量があります。2位は約13トンの収穫量がある青森県、3位は約10トンの収穫量がある北海道です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

2014年のマルメロの栽培面積は約30ヘクタール。収穫量は約220トンで、出荷量は約161トンです。

主要生産国(上位5か国)

出典:FAOSTAT(2014年)

マルメロ生産の上位5か国は、ウズベキスタン、中国、トルコ、イラン、モロッコです。1位のウズベキスタンの生産量は年間約11万トンで全体の約17%を占めています。2位の中国は年間約10万9,090トンで全体の約17%、3位のトルコは年間約10万7,243トンで全体の約17%です。

果物狩り

9月の果物狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。9月に果物狩りが楽しめる農園はこちら。

果物写真

マルメロの写真

果物写真

マルメロの写真はこちらのページでも見られます。現在マルメロの写真を20枚掲載中です

果物コラム

果物コラム

マルメロなど、いろいろな果物に関するコラムです。果物コラムのトップページはこちら

栄養成分表

マグネシウムが多い果物

栄養成分表

マグネシウムが多い果物を表示しています。値は100グラム当たりの含有量。詳しくは栄養成分表のページへ