王林 リンゴ(林檎)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 王林

    王林

  • 王林

    王林

  • 王林

    王林

  • 王林

    王林

  • 王林

    王林

基礎データ DATA

王林の特徴

王林 王林

青りんごを代表する「王林(おうりん)」は、福島県の大槻只之助氏が育成した品種です。親は「ゴールデンデリシャス」と「印度」とされ、初めて結実したのは1943年(昭和18年)といわれています。1952年(昭和27年)に王林と命名され、それから何十年も経ちますが、栽培面積は青りんごの中で今でもトップです。

果皮は黄緑色で、やや縦長の形をしていてサイズは300g前後。甘味が強めで酸味は少なく、香りのよいりんごです。シーズン中頃からは少し黄色みがかったものも出回ります。

王林は皮の表面に付いている小さな果点が目立つのが特徴で、茶色いヒビ状の「サビ」が出やすいという特性も持ちます。サビは見た目がよくありませんが、ザラザラしているものは甘味が強くておいしいとされます。

また王林は貯蔵性にも優れていて、シーズン開始の10月中旬頃から翌年の夏頃まで出回ります。

王林の見分け方(選び方)

王林

王林は果皮が黄緑色のりんごで、熟すにつれて黄みがかってきます。そのため酸味が少ないほうがよければ、緑色が濃いものよりも少し黄色っぽいものを選ぶとよいでしょう。

また王林は果点(表面の点々)が目立っていたり、上でも述べていますが茶色いサビがあるほうが甘いともいわれます。そのため外観の美しさはあまり気にする必要はないでしょう。なお、持ったときに軽く感じるものよりは、重さを感じるもののほうがジューシーです。

王林の保存方法

乾燥していたり暖房の効いた部屋に置いておくと、すぐに鮮度が低下します。新聞紙などで包んでからポリ袋に入れ、温度の低い冷暗所や冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

王林は日持ちのよいりんごですが、鮮度のよいものでも10日程度を目安に消費することをおすすめします。また、果肉がやわらかめのものは冷蔵保存して、なるべく食味のよいうちに食べてください。

王林の食べ方

王林

赤いりんごだけでなく青りんごにも皮の部分にポリフェノールや食物繊維が含まれています。果皮のざらつきが気にならないなら、皮も一緒に食べるとよいでしょう。薄くスライスしてサラダに混ぜるのもおすすめです。

生食で食べるほか、スムージーやサラダなどに使ってもよいでしょう。量が多い場合は加熱してジャムやコンポートなどもおすすめ。赤りんごとは違った風味が楽しめます。

王林の旬(出回り時期)

王林はほぼ周年出回っていますが、旬は10月下旬頃から11月頃で、貯蔵されたものが翌年夏頃まで出荷されます。

参考:東京都中央卸売市場

各地の年間収穫量 王林

出典:農林水産省統計

2015年の王林の収穫量のうち最も多いのは青森県で、約4万8,400トンの収穫量があります。2位は約3,480トンの収穫量がある岩手県、3位は約3,080トンの収穫量がある長野県です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

2015年の王林の栽培面積は約2,620ヘクタール。収穫量は約5万6,300トンで、出荷量は約5万1,200トンです。

関連リンク 果物ブログ  1

王林

これはりんごの「王林」です。王林は基本的に果皮が黄緑色ですが、今の時期は黄色みがかったものも店頭に並んでい……続きを読む

関連リンク 果物ブログ  2

王林

青リンゴの代表品種「王林」を食べました。この王林は糖度15度以上と甘味たっぷりで酸味もほどよく、濃厚な果汁……続きを読む

果物狩り

リンゴ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。リンゴ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

王林の写真

果物写真

現在王林の写真を41枚掲載中です