平核無(ひらたねなし) カキ(柿)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 平核無

    平核無

  • 庄内柿

    庄内柿

  • おけさ

    おけさ

  • 干し柿 平核無

    干し柿 平核無

基礎データ DATA

平核無の特徴

平核無 おけさ 庄内柿

「平核無(ひらたねなし)」は新潟県原産の柿で、名前の通り種がないのが特徴です。単に「たねなし柿」とも呼ばれるほか、山形県では「庄内柿」、新潟県では「おけさ柿」や「八珍柿」という名前でも呼ばれています。原産地は新潟県ですが、山形県の庄内地方から栽培が広まり、1909年(明治42年)に平核無と命名されました。

形は平たい四角形で、重さは200~250gほど。不完全渋柿なので炭酸ガスやアルコールなどで渋抜きをします。脱渋後は甘味があって果汁も多く、食感も良好。種なしなので食べやすく、比較的日持ちがよいのもポイントです。10月中旬から11月頃に出荷のピークを迎えます。

ちなみに、よく似た形のたねなし柿に「刀根早生(とねわせ)」がありますが、これは平核無の枝変わりで、平核無よりも収穫時期がやや早めです。この刀根早生も庄内柿やおけさ柿の名前で流通していることがあります。

平核無の見分け方(選び方)

おけさ

表面に傷がなく色づきが均一で、つやつやとしているものを選びましょう。また、へたが果実にしっかりついていて、持ったときに重量感のあるものがおすすめです。

平核無の保存方法

乾燥しないよう新聞紙で包んで冷暗所で保存します。鮮度や保存状態がよければ5日程度は持ちますが、なるべく早く消費しましょう。

常温で2~3日置いておくと果肉がやわらかくなってくるので、かたい食感が好みであれば早めに食べ切ります。すぐに食べないのであれば、ポリ袋に入れて密封し、へたを下にして冷蔵庫の野菜室で保存するとよいでしょう。その際、水を含ませたキッチンペーパーをへたにあててラップで包んでおくと、より日持ちします。

平核無の食べ方

庄内柿

4等分または8等分にカットして皮をむいて食べましょう。かためのものはサラダに入れるのもおすすめ。種がないのでスライスするのも簡単です。

平核無は渋抜きしてから出荷されますが、もしもかすかに渋みを感じるという場合は、20度くらいの室温で1~2日置いておくと渋みが抜けます。

やわらかくなりすぎたものは、冷凍したものをシャーベットとして食べるとまた違った味わいが楽しめます。

平核無の旬(出回り時期)

平核無の旬は9月頃から11月頃まで。11月頃が出荷の最盛期です。

参考:東京都中央卸売市場

平核無の主な産地

出典:農林水産省統計

平核無の作付面積のトップは山形県です。作付面積は約755ヘクタールで、全体の約29%を占めています。2位は約596ヘクタールの和歌山県。全体の約23%でこちらも20%以上を占めています。3位は約419ヘクタールの新潟県です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

この統計データは年代が古いのでご注意ください。

関連リンク 果物ブログ  1

平核無(あんぽ柿)

これは福島県産の「平核無(ひらたねなし)」のあんぽ柿です。あんぽ柿は干し柿の一種で、一般的な干し柿に比べて……続きを読む

関連リンク 果物ブログ  2

紀の川柿

和歌山の特産「紀の川柿」は、「平核無(ひらたねなし)」という渋柿を樹上で渋抜きしたもので、糖度が高いのが特……続きを読む

果物狩り

カキ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。カキ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

平核無(ひらたねなし)の写真

果物写真

現在平核無(ひらたねなし)の写真を23枚掲載中です