スカイベリー イチゴ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • スカイベリー

    スカイベリー

  • スカイベリー

    スカイベリー

  • スカイベリー

    スカイベリー

基礎データ DATA

  • 親の組み合わせ:「00-24-1」×「栃木20号」
  • 品種登録年:2014年(平成26年)
  • おもな産地:栃木県

スカイベリーの特徴

スカイベリー スカイベリー

「スカイベリー」は栃木県農業試験場で「00-24-1」×「栃木20号」を交配して育成されたイチゴです。2011年(平成23年)に品種登録の出願がされ、「とちおとめ」の後継品種として期待されている新品種です。

品種名は「栃木i27号」で、スカイベリーという名称は公募によって付けられました。インパクトがあって覚えやすく、みんなに愛されてほしいという願いが込められて命名されたとのこと。また、大きさや美しさ、おいしさが大空に届くようなすばらしいイチゴという意味があり、栃木の百名山の一つ「皇海山(すかいさん)」にもちなんでいるそうです。スカイベリーの名前は商標登録されています。

果実は大きな円錐形で、果皮は濃橙赤色でツヤがあります。糖度が高く酸味はやや低め。外観が美しく、まろやかな甘味が特徴です。ちなみに母親の「00-24-1」は大果で外観がよく、父親の「栃木20号」は耐病性があり食味がよいそうです。

スカイベリーの見分け方(選び方)

スカイベリー

スカイベリーはサイズが大きめなのが特徴なので、できれば大きいものを選びましょう。小ぶりなものでも完熟していれば甘くておいしいです。果皮全体が濃い目の赤色で香りのよいものが良品です。

スカイベリーの保存方法

鮮度を保つため、ラップをかけるなどして冷蔵庫の野菜室へ。とちおとめよりも日持ちがよいとされますが、ほかのイチゴと同様、2~3日中には食べましょう。本来のおいしさを味わうのなら、購入した日に食べることをおすすめします。

スカイベリーの食べ方

食味のよいスカイベリーは生食で食べるのが一番です。大粒なので、ケーキやタルトなどに利用してもよいでしょう。酸味がおだやかなので、小さな子供でも食べやすいです。

期待がかかるスカイベリー

スカイベリー

栃木県では長年にわたって「とちおとめ」が主力品種ですが、スカイベリーはとちおとめと同等の食味のよさで、さらに収量が多く耐病性もあるとのこと。世代交代が進むと、スカイベリーが東日本の代表品種になる可能性があります。

スカイベリーの旬(出回り時期)

スカイベリーは12月頃から店頭に並びます。最盛期は2月から3月頃で、4月下旬頃まで出荷されます。

関連リンク 果物ブログ  1

スカイベリー

大粒の「スカイベリー」を購入してみました。スカイベリーは平成26年に「栃木i27号」として品種登録された栃……続きを読む

関連リンク 果物ブログ  2

スカイベリー

栃木県産の「スカイベリー」を食べました。まだ流通量が多くないので価格は少し高めでしたが、なかなかの大粒でき……続きを読む

果物狩り

いちご狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。いちご狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

スカイベリーの写真

果物写真

現在スカイベリーの写真を39枚掲載中です