秋映(あきばえ) リンゴ(林檎)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 秋映

    秋映

  • 秋映

    秋映

  • 秋映

    秋映

  • 秋映

    秋映

  • 秋映

    秋映

基礎データ DATA

秋映(あきばえ)の特徴

秋映

「秋映(あきばえ)」は長野県生まれのりんごで、皮が濃い紅色をしているのが特徴です。長野県の小田切氏が1981年(昭和56年)に「千秋」と「つがる」を交配して育成し、1993年(平成5年)に品種登録しています。

大きさは300~350g前後で、果肉はややかため。甘味と酸味が調和していて、果汁が多く香りも良好です。

果皮の色は栽培地域や収穫時期によって差があり、色が濃いものは完熟すると黒っぽい紅色になります。また果皮には黄色い果点があり、軸の周辺には薄茶色のサビが見られることもあります。

ちなみに秋映は、「シナノスイート」「シナノゴールド」とともに長野県の「りんご3兄弟」ともいわれています。

秋映(あきばえ)の見分け方(選び方)

秋映

秋映は一般的なりんごに比べると、果皮の色がとても濃い品種です。黒みがかった赤いものは、熟していて甘くなっています。なお、色はシーズン序盤よりも、盛りのほうが黒っぽいものが多いようです。

果皮に張りがあるか、持ったときに重量感があるかどうかもチェックしましょう。軸の周りに薄茶色のサビが見られるものもありますが、味に影響はありません。

秋映(あきばえ)の保存方法

水分が蒸発しないように新聞紙などで包んでポリ袋に入れ、温度の低い冷暗所か冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。乾燥したり気温の高い場所に置いておくと、鮮度低下が早まります。

秋映は日持ちがよいほうですが、時間が経つと酸味が抜けたり、やわらかくなって食感が悪くなることがあるので、なるべく早く食べることをおすすめします。

秋映(あきばえ)の食べ方

秋映

皮をむいて食べることが多いかもしれませんが、皮の部分には食物繊維やポリフェノールが含まれているので、なるべく皮ごと食べるとよいでしょう。

食味が落ちてしまった場合は、ジャムやコンポート、スムージーなどに加工するのがおすすめ。ジャムは保存期間が長く、トーストやヨーグルトなどで楽しめます。コンポートはそのままデザートとして食べるほか、アップルパイやタルトなどに使ってもよいでしょう。生食とは違う風味が楽しめます。

秋映(あきばえ)の旬(出回り時期)

秋映の収穫シーズンは10月頃です。ほとんどは長野県から出荷されますが、山形県産や群馬県産のものもあります。

秋映(あきばえ)の主な産地

出典:農林水産省統計

秋映(あきばえ)の作付面積のトップは長野県です。作付面積は約404ヘクタールで、9割以上が長野県で栽培されています。2位は約12.4ヘクタールの山形県。3位は約8.3ヘクタールの群馬県です。

関連リンク 果物ブログ

秋映

果物売り場でひときわ濃い紅色をしたリンゴを見かけたら、きっとそれは秋映でしょう。このリンゴは「これでもか!……続きを読む

果物狩り

リンゴ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。リンゴ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

秋映(あきばえ)の写真

果物写真

現在秋映(あきばえ)の写真を24枚掲載中です