ももいちご イチゴ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • ももいちご

    ももいちご

  • ももいちご

    ももいちご

  • ももいちご

    ももいちご

  • あかねっ娘

    あかねっ娘

  • あかねっ娘

    あかねっ娘

  • さくらももいちご

    さくらももいちご

  • さくらももいちご

    さくらももいちご

基礎データ DATA

  • 親の組み合わせ:「(アイベリー×宝交早生)×とよのか」×「アイベリー×宝交早生」
  • 品種登録年:1994年(平成6年)
  • おもな産地:徳島県、奈良県

ももいちごの特徴

あかねっ娘

ももいちご(あかねっ娘)は、丸みのあるかわいらしい形をしていて、果肉がやわらかく果汁が多いイチゴです。糖度は高くて酸味は少なめで、香りがよく、風味のよい甘味が楽しめます。果肉は白色で、粒が大きいと中に空洞ができることがあります。

母親は「アイベリー」×「宝交早生」に「とよのか」を掛け合わせたもの。そして父親(花粉親)は「アイベリー」×「宝交早生」です。愛知県農業総合試験場園芸研究所で育成されました。徳島県や奈良県などが愛知県と許諾契約をして生産しています。

なお「ももいちご」という名称は徳島県の登録商標で、品種名は「あかねっ娘」です。徳島県産のものは愛称の「ももいちご」、奈良県産などは品種名の「あかねっ娘」で流通しています。

ももいちごの見分け方(選び方)

ももいちご

ももいちご(あかねっ娘)は丸みを帯びた円錐形で果皮が鮮やかな紅色なので、全体に色が着色していて、ふっくらとしたものを選ぶとよいでしょう。また、ツヤがあり香りがよいものがおすすめです。

ももいちごの保存方法

冷蔵庫の野菜室で保存して、新鮮なうちに食べましょう。果肉が少しやわらかくあまり日持ちするほうではないので、なるべく1~2日で食べきるようにしましょう。

ももいちごの食べ方

ももいちご

香りがよく口当たりもソフトなので、そのまま味わうのが一番。時間が経ってやわらかくなってしまったものはスムージーやジャムなどにしてもよいでしょう。

「さくらももいちご」と「愛いちご」

さくらももいちご さくらももいちご

徳島県佐那河内村には「ももいちご部会」があり、「ももいちご(百壱五)」はここから出荷されます。「ももいちご」という名前は、桃のように丸くて多汁で甘いことが名前の由来だそうです。

また、徳島県佐那河内村はももいちごの姉妹品としてとして「さくらももいちご」を2007年(平成19年)に発表。こちらの品種は公表されていませんが、「あかねっ娘」ではなく紡錘形で果皮が鮮やかな紅色をした糖度の高いイチゴとのことです。

また、同じく徳島県佐那河内村から出荷されるイチゴに「愛いちご」がありますが、この品種は「あかねっ娘」です。通常はももいちごで出荷しますが、気温が暖かくなると品質がやや変化するため、暖かい春先は愛いちごの名前で流通させているそうです。

ももいちごの旬(出回り時期)

ももいちご(あかねっ娘)は12月頃から店頭に並びます。徳島県産の「ももいちご」は春になると「愛いちご」の名前で流通します。

関連リンク 果物ブログ

ももいちご

普段はあまり見かけない徳島県産の「ももいちご」をスーパーで発見。12個入りで約1300円と少し高かったです……続きを読む

果物狩り

いちご狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。いちご狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

ももいちご(あかねっ娘)の写真

果物写真

現在ももいちご(あかねっ娘)の写真を20枚掲載中です