モーレンズ(Jonagored) リンゴ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • モーレンズ

    モーレンズ

基礎データ DATA

  • 親の組み合わせ:「ジョナゴールド」の枝変わり
  • 品種登録年:2006年(平成18年)

モーレンズの特徴

モーレンズ

「モーレンズ(Morren's)」は、「ジョナゴールド」の枝変わりとしてベルギーで誕生した品種です。日本で品種登録されたのは2006年(平成18年)で、登録したのはベルギーに本社を置くジョモベル・エヌ・ブイ(Jomobel NV)という企業。育成したのは社長のジョス・モーレン(Jos Morren)氏で、1980年に農園のジョナゴールドの木からひときわ真っ赤な個体を発見し、それを育成してモーレンズが誕生しました。

果皮は鮮やかな赤色に染まる

果実は大きめの円形で、果皮は全面が濃い赤色に染まります。ジョナゴールドの枝変わりというだけあって基本的に性質は似ていますが、モーレンズのほうが早く着色し、色も濃くなるのが特徴です。

果肉は黄白色でかたく、糖度と酸度がほどよく含まれていて甘酸のバランスが良好。さわやかな香りがあり多汁で、食感はパリッとしています。カット後の褐変化の程度は少なく、蜜はほとんど入りません。またジョナゴールドと同様に果皮のろう質の分泌が多く、完熟果を手に持つとにベタベタとすることがあります。

海外ではジョナゴレッドの名前で販売

モーレンズは、海外では「ジョナゴレッド(Jonagored)」の名前で登録されています。日本でモーレンズはあまりなじみのない品種ですが、ヨーロッパではベルギーやオランダ、ドイツ、フランス、イタリアなど広い地域で栽培が行われているようです。

モーレンズの選び方(見分け方)

モーレンズ

着色が濃い品種なので、果皮が鮮やかな紅色に染まっているものを選びましょう。また、果汁が多いものは持ったときに重量感があるので、同じ大きさなら重く感じるものを選びます。

モーレンズの保存方法

ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。その際、1個ずつ新聞紙に包んでからポリ袋に入れておくと、より乾燥防止になります。

鮮度がよければある程度日持ちしますが、貯蔵期間が長くなるとフカフカの食感になることがあります。食味のよいうちにおいしく食べ切りましょう。

モーレンズの食べ方

モーレンズ

モーレンズの味はジョナゴールドと似ているので、そのまま生食でおいしく味わいましょう。適度な甘味と酸味、そして歯切れのよい食感が楽しめます。

カット後に変色しにくいので、パフェやりんごジュース、シャーベットに使用したり、アップルパイなどの焼き菓子に使ってもよいでしょう。

モーレンズの旬(出回り時期)

モーレンズは10月中旬頃から収穫されます。

果物の出回り時期は、産地や天候などによって変化します。このデータは大まかな目安としてお考えください。

果物狩り

リンゴ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。リンゴ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

モーレンズの写真

果物写真

現在モーレンズの写真を4枚掲載中です